戸塚ケッタスクール

今日のコメンテーターは子供の未来と真剣に向き合う戸塚ケッタスクール代表ケッタさんをお迎えして、高畑事件の闇に迫ってみたいと思います。

けった:こんにちわ。

今回のテーマ、「高畑親子に学ぶ、高齢出産の危険性」とはどういうことでしょうか?

けった:近年、女性の婚姻年齢が上がり子供を生む年齢も比例してあがりました。少子高齢化が進む中で、子供が増えることはとても喜ばしいのですが、手放しで喜べるわけではありません。

とおっしゃると?

けった:モンスターペアレンツという言葉がありますが、そういった親御さんが増えてきました。常識を弁えない親が急増し、学校の先生は大変苦労されているとお聞きします。酷くなると先生が精神的に参ってしまい、休職や退職するというケースも珍しくありません。

なるほど。それがどう高畑親子に結びつくのでしょうか?

けった:高畑親子は典型的なモンスター親子です。子供を注意した先生を怒鳴ったという話もありますね。甘やかし抜いた結果があの事件です。

確かにそういう意見がありますね。

けった:統計によれば男児を高齢出産した母親の実に7割が近親相姦に及んでいると聞きます。高畑さんの息子の溺愛ぶりからするとまずこの7割に該当するでしょう。

病院に布団を持ち込んで泊まり込みで看病というのも頷けます。

けった:以前、宇多田氏が「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」と発言し、物議を醸しましたが私はその通りだと思います。その証拠に出産する年齢が高い程、ガイジが生まれる確率も高くなるのは周知のとおりです。

高畑氏も発達障害を疑われていました。

けった:ガイジを世に放つだけでなく、躾もまともにできない、そんな危険な高齢出産を禁止すべきだと思います。これ以上、住む世界の違う住人を増やしてどうするんですか?

住む世界が違うのは困ります。

けった:私のスクールではそのような子供を矯正させております。漫画や詩を書かせることで感受性を高めることを第一に、社会に迷惑をかけない教育を施します。

素晴らしい活動ですね。本日はどうもありがとうございました。

けった:ありがとうございました。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GO GO LINA

Author:GO GO LINA

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
FC2カウンター