Suicide Squad

ハーレイ
ハーレイクインのビッチぶりが気になりまくったので初日見てきましたよ。
予想以上のビッチぶりに大満足。やっぱり白人女はこうでなきゃ。

予想に反して
Suicide_Squad-Cara_Delevingne.jpg
エンチャントレスがエロかった。異世界からこの世界に来たらしいが、小さな像に封印されていたのを偶然発見したジューン・ムーン博士に発見。封印を解いた博士に憑依した。博士が名前を呼ぶと入れ替わることができる。圧倒的な力を有するが、心臓を抑えられているため言いなりにならざるを得ない。推定6,000歳以上の異世界出身だけあって何もかもがミステリアス。やっぱり白人女はこうでなきゃ。

アメリカでは酷評されたという本作品。アメコミ原作なら及第点以上でしょう、というのが感想。個人的には期待以上だったし、むしろこの手の作品では十分すぎる程でしょ。マーヴル社が評論家に金でもバラまいたのか?と思いたくもなるよ。マーヴルも好きだけどさ。ただ、出演者の演技力に助けられたなという感も否めないのは事実。

デッドショット
デッドショット演じるウィル・スミスあたりは最たるもの。随所でその存在感を見せつけてくれました。
スーサイド・スクワッドの精神的支柱としてリーダー的な役割を見事に演じてました。戦闘シーンは見ごたえたっぷり。

一番評価が難しいのが
ジョーカー
ジャレット・レト演じるジョーカーですかね。スーサイド・スクワッドのジョーカーとしては文句の付けどころがない。ただ、歴代のジョーカーを考えてみるとやや小物感が漂うかなというのが拭えない。ジャック・ニコルソンと故ヒース・レジャーが演じたジョーカーの中間点に位置するようなキャラクターといえばいいのかな。いやはや、とにかくヒースが偉大すぎた。仮にヒースのジョーカーが世に出てなければ、レトのジョーカーは狂気に満ちた新しいキャラクターとして評価できたに違いない。作品の方向性は違えど、常軌を逸したジョーカーという点ではレトがヒースに勝るものはない。

ヒースジョーカー
見た目の違いも大きい。真のヴィランともいうべきこの不気味さ、悍ましさに恐怖を禁じ得ない。ジャック版と比べてもレト版は品がない。シーザー版は見たことないからよくわからない。いえることはレト版はタトゥー入れすぎだし、銀歯だしコテコテにしすぎ。ハーレイクインの見た目に合わせたのかは定かではないですがちょっとやり過ぎたと思いますよ。まぁジョーカー見に行ったわけではないのでいいのですが、こき下ろしまくってしまいました。でも前述したようにスーサイド・スクワッドの世界観には非常にマッチしていました。

ここからストーリーに関して。
ネタバレになりますが、ラスボスはエンチャントレス。心臓を盾に人間に服従させられるのを不服とし、作戦実行中に隙を見て逃げ出します。封印された弟を見つけだし、人間に憑依させ世界を滅ぼそうとします。そこに立ち向かうのがスーサイド・スクワッドということになります。エンチャントレスとの対峙したとき、心の奥底にある願望を幻として見せつけられます。意外だったのがハーレイクインがごく普通の家庭を築くことを夢見ていたこと。いやいや普通の幸せ望んじゃダメでしょ。

少々?な点もあったけれど期待以上の面白さでした。続編があればハーレイにはさらなる進化したビッチぶりを見せて欲しいものですね。お友達のポイズンアイビーも出てきたらいいなぁ。エンチャントレスいなくなったぽいからエロ要因補充しないとダメですな!
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

GO GO LINA

Author:GO GO LINA

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
FC2カウンター