ルナ2 クリアと感想

amarec20160412-214312.jpeg
ゾファー復活。ルーシアが世界の魔法力を集め使命を果たそうとする。その使命とは世界をゾファーごと滅ぼし、再生するというもの。かつて女神アルテナが果たしたことである。しかし、ヒイロたちと旅することでその使命を果たすことができない。隙を突かれゾファーに捕まってしまう。

魔法を奪われ、なす術がない一行の前にかつてのラスボスガレオンが立ちはだかる。
しかし実はガレオンはゾファーの手先になったふりをして、ヒイロたちを導いていたのである。
amarec20160412-220553.jpeg
その姿と行為はまるで聖闘士星矢のサガ。泣ける

amarec20160414-204243.jpeg
ゾファー第一形態。こいつよりここまでたどり着く方が難儀でした。

amarec20160414-212146.jpeg
第二形態。特に苦戦はしなかったかな。ヒイロとジーンを攻撃役、ロンファはとにかく回復、レミーナをサポートと回復、レオもほとんど回復役とたまに白竜の守り。これで余裕でした。

amarec20160414-214044.jpeg
第三形態。イベント戦闘ですがビビってMP全回復の貴重なアイテム使っちゃったよw

ゾファー撃破後、ルーシアを連れて家に帰るヒイロ。途中、初めて出会った塔に立ち寄って欲しいと言われるが・・・
amarec20160414-221652.jpeg
ルーシア「ゾファー倒したし、もう帰るね」
ヒイロ達と出会って人を信じることを学んだルーシア。その心でいずれ甦るであろう青き星を人々に委ねることができる。ヒイロへの想いを涙ながらに口にしながら青き星へと帰っていくのだった。

amarec20160414-222035.jpeg
ヒイロ「だったらこっちから行ってやるぜ!」
俺たちの冒険はまだ終わらない!ヒイロ先生の次回作にご期待ください!

プレイ時間23時間。ついにクリアしました。
めでたく初クリアです。終盤以降は進めるのを躊躇するくらい面白かったです。
名作と呼び声高いメガCD版からの移植で大分改悪されているというのは聞いていましたが、オリジナルたるメガCD版をプレイしていないので比較はできませんが、十分名作の部類だと断言できます。

まずストーリー。謎の少女と出会い世界を救う冒険に出る。実に王道、ど真ん中直球勝負。ハッピーエンドが約束されたストーリー展開は清々しく安心感を得ることができます。ところどころ前作をプレイしていないと「?」なところがありますが、絶対的にプレイしてないとダメということもないかと思います。ただ、知っていればナルやガレオンのセリフに感極まるかなというのはありますね。実際、シルバースターストーリーをプレイして相当経っていますが、ルーナの名を目にしたときはうるっと来ましたし。

キャスティングが実に豪華。声優陣の熱演ぶりがストーリーをより引き立てます。
主役に緑川さん、ヒロインに横山さんを据えて脇を固める声優陣も実に豪華。セーラーマーキュリーに三井寿にリナ・インバースでっせ。主役級以外でも配役があっており、下手なアニメ作品より気合いが入っていると思います。戦闘のセリフ一つとってもさすがだなと思いますし、イベント、ムービーはさらに必見。実力派揃いの声優陣の底力に感動しっぱなしでした。

戦闘はオーソドックス。レベルに応じて魔法などを覚えていく。一部紋章の組み合わせで使用可能になる魔法があるが、基本はレベルで習得していく。コマンド制の戦闘だが、行動順はこちらの方がやや不利。敵の方が早く行動することが多いので、回復ポイントがなくなる中盤以降は結構きつい。シンボルエンカウント式なので、敵との戦闘を余儀なくされる箇所も多く、雑魚戦でキツい消耗戦を強いられる点がマイナス評価。逃げても無敵時間がほぼ皆無なので逃げ切れることもなく、結局は戦闘になるケースが多々ある。
特筆すべき点はルーシアかな。ルーシアは一貫して操作できないAIキャラである。初登場時は強魔法連発で「すげぇ」と感動するのもつかの間、ゾファーに力を封じられ、一転雑魚キャラに転じる。面白いのはここからで、旅をするにつれ力を徐々に取り戻すとともに、心境の変化が戦闘にも如実に表れる。ことヒイロに関してはHPが少なくなると回復を使うようになるし、人間味を増してくるルーシアに感情移入してしまうことだろう。

データが飛んだか何かでクリアせずに友達に返した経緯から、サターン購入時に今度こそクリアしたいと思って購入したルナ2。ようやくリベンジできました。本当に心の底から楽しめたなぁとそんな気分に浸りながら稚拙な感想を書いております。久々に
RPGをやったな~と充実感も同時に感じたり。本当に買ってよかったです。
昨今、グラフィックの進化が激しく、この当時のゲームから比べると雲泥どころではないくらいの進化をしております。ただ、時にこのようなレトロゲーに触れると、基本に立ち返るではないですけど、自分が遊んできた根っこの部分に戻る心地よさを感じつつあります。自分としてはやっぱりサターン時代のゲームが基準になっていると改めて思いましたね。特にこの手のRPG作品に関しては。もうね、ストーリーなんてコテコテでいいんですよ。グラフィックが稚拙でも最近の中身のないゲームよりかはずーっといいです。ムービーがセル画でいいじゃないですか、最高ですよ。変な顔のCG見せられるよりずっとマシです。
忘れようにも忘れられなかったこの作品ですが、クリアという区切りをつけることができて大変満足です。が、お気に入りのアニメの最終回を迎えたような喪失感も味わってますけどね(笑)
でももう少しだけヒイロの冒険は続きます。それはまた後日にでも。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しょこらいな

Author:しょこらいな

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
FC2カウンター