スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

影と光の不文律

の前に
amarec20160321-221548.jpegamarec20160321-221747.jpeg
最初のステージでまさかの敗北を喫したわけだが、運よく敵のリールが魔法のところで止まってくれたおかげで、キャロットのゾアントロピーが発動。あっさり倒せました。アニメでキャロットが変身するのは次の話が初じゃなかったかな?まぁ結果オーライ!

amarec20160321-222018.jpeg
というわけで2話目。アニメでは3話目にあたる話がやってきました。
思えばこの話で爆れつに大ハマりしたんだよ。忘れもしない、敵ながら可愛かったバルバラちゃん・・・

amarec20160321-222719.jpeg
そのバルバラちゃんが今回のターゲット。禁呪を使い美少年によからぬことをしているという。
可愛いければ何しても許されると思うんです。

amarec20160321-223251.jpeg
その頃キャロットは一人バルバラの屋敷にご招待されており、バルバラに気に入られたのかな~と思ったり。その答えはもうちっと先です。

amarec20160321-223319.jpeg
一方四人は夜を待って仕置きを決行。アニメではマロンのこのセリフのあと印を結んで囲んだたき火を消すんですが、そこがまたかっこいい。よく覚えているでしょ?10回以上見たからほとんどのセリフ、未だに覚えているのよw

amarec20160321-223423.jpeg
はい、バルバラさん登場です。非常に可愛い

amarec20160321-223523.jpeg
はしたないと思いません。ボク、あんまり可愛い女の子には手を出しづらいのでそんなこと言われると困ります!

これはHな流れになるかと思いきや
amarec20160321-223602.jpeg
そこにソーサラーハンター御一行様参上。

バルバラを抱えて逃げ惑うキャロット。
amarec20160321-223615.jpeg
怒った顔のショコラがえらく可愛い。さすがのバルバラもショコラの前では霞む。

このあとバルバラを抱えてキャロットは地下へ。後を追う一向の前に立ちふさがる執事。
執事をマロンとガトーが引き受け、ショコラとティラはキャロットの後を追います。地下ではキャロットが暗闇で何かを見つける。そこにはおびただしい数の石像。バルバラは美少年を石像に変えて集めていたのだ。
で、キャロットを呼んだ理由は石像にするわけではなく、ただ下賎な輩を踏みにじりたいという欲望にかられたからである。で、それを聞いたティラとショコラは怒りバルバラと対決するのだった。

で、スロットバトルを動画で上げようと思って録画したんだが、音声の配線繋ぎ忘れて音無しになってしまったので動画は次回にしまーすw
スポンサーサイト

爆れつハンター 

amarec20160315-223614.jpeg
レトロゲーレビュー記念すべき一発目はセガサターンから「爆れつハンター」
そう、筆者が未だ愛してやまないこの作品こそ一発目に相応しいとチョイスしてみた。テレビアニメ放送終了から20年近く経った今でもこの作品を超えるアニメに出会ったことがない。これからも出会うことはないんだろう(確信)

さて、そんな大それた前置きをしているからさぞすんごいゲームかと思いきや、これすんごい糞ゲーです(笑)
一応ジャンルはアドベンチャー。とはいえ一本道で話は進んでいくのでまず詰まることはない。このあと紹介するミニゲームを除いては・・・。
amarec20160315-223729.jpeg
ゲームを開始するとこんな感じでキャラ紹介。んで画像でヘコむキャラこそショコラ神。可愛く一途でスタイル良く適度なアバズレ感を醸し出す完璧なキャラ。声をあてるのは水谷優子さんでちびまる子ちゃんのお姉さんやミニーマウスなどなどの人。シュラトのラクシュにも声あててましたね、あんま見たことないんだけど。
爆れつを愛する理由の一つにショコラの存在があるわけなんですが、このキャラを超えるキャラいるの?っていうくらい今でも好きですね。正直、ショコラのせいでアニヲタになりかけまし。今だから言える話ですが、爆れつにもショコラにもハアりすぎてアニメージュ買ってたくらいです。爆れつが終わったのと同時にやめましたがw

ショコラトークが終わりそうにないのでゲーム紹介に戻りますが
amarec20160315-223915.jpeg
一応こんな感じで選択肢が出てきます。どれを選んでも一緒だけどね。
ドーターめっちゃかわいい。

amarec20160315-223918.jpeg
本格的に始まるのはこの話から。この話はアニメの第2話で、アモーレ夫人という女ソーサラーが完璧な男を追い求めるために禁呪に手を染めて、人々を苦しめているという内容。それを止めるためにキャロット達が派遣されるってわけなんですね。

amarec20160315-224337.jpeg
メタセニアという花を使って男を創っていくわけですが、それがことごとくお気に召さない。

amarec20160315-225003.jpeg
というわけでその触手はキャロット一向に伸びる。

amarec20160315-225055.jpeg
毒牙にかかったキャロたちを見つけるティラ。狼狽ぶりが可愛い。
あ、これキャプるためにテキスト出してますが、フルボイスでセリフ読み上げてくれます。ちなみにこのピンクの女の子の声をあてるのは林原めぐみさんです。それだけでもこのゲームやる価値あるんだよね。

amarec20160315-225130.jpeg
アモーレ夫人を仕置きするためにティラとショコラが立ち上がる。これから始まるミニゲームに使うカード紹介をサラっとしてくれるわけですな。

amarec20160315-225428.jpeg
ティラ、ショコラの変身シーンのアニメーション挿入。二人とも原作スタイルっていうのがちょっと残念。
アニメ版の格好の方が個人的に好きなんだけど。

amarec20160315-225438.jpeg
amarec20160315-225447.jpeg
リールを止めるだけのミニゲーム。

amarec20160315-225512.jpeg
これは相手の攻撃を食らったとき。ショコラよごめんよ・・・

カード使わないで戦った結果
amarec20160315-225936.jpeg
はい、見事にゲームオーバーです。

ざっと紹介してみましたが、サターンを買った動機が確かこのゲームだったので、それも含めて最初に持ってきたかった。なので簡単な紹介ですが個人的には凄く満足です。爆れつを知らない人がほとんどだと思うので、簡単に言ってしまうと「ファンタジー版必殺仕置人」。そんなイメージを持ってもらえれば十分です。
基本ギャグ路線で、ゲームに収録されている話もアニメ序盤の話が中心なのでギャグ路線で駆け抜けます。アニメ中盤くらいからシリアスな路線が増えて、後半はほぼシリアス路線。そんなギャップが凄く印象に残るわけで、最終話とその前の話と言ったらもうね。あの2話を超える話はないですね、ないよないない。
ゲーム紹介からアニメ感想になりかねないのでこれくらいにしますが、こんな感じでまったり進めていくつもりです。次回はアニメでいう第3話「影と光の不文律」だったはず。この話で大ハマりしたので、この話はちょっと詳しく紹介できればいいかな。バルバラが敵ながら可愛いんです。
プロフィール

しょこらいな

Author:しょこらいな

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。