TOKYO MOTOR SHOW2015 その他ブース編

RX-VISION以外にも見どころが多かったモーターショー。たくさん撮った写真全てを紹介するのはなかなかの重労働なので、厳選してお送りします。

■NISSAN
・CONSEPT2020 VISION GRAN TURISMO
WP_20151108_16_01_57_Pro.jpgWP_20151108_16_02_19_Pro.jpg
コンセプトカーだけあって物凄く冒険しているなぁと感じた。海外のスーパーカーに見劣りしないそんなフォルムとツヤ消しの質感のボディカラーが新鮮で目を引く一台だった。もし市販されることになったらR35クラスのお値段なんだろうか?さすがに手は出ないだろうなぁ(笑)

・GRIPZ COSEPT
WP_20151108_16_05_08_Pro.jpg
コンパクトクロスオーバーの性能と実用性にスポーツカーのワクワク感とパフォーマンスを兼ね揃えたコンセプトカー。あまり興味のないカテゴリーだが、デザインは好き。見た目スポーティーでちょっと乗ってみたい。

■KAWASAKI
・ZX-10R ABS(KRT Edition)
WP_20151108_15_06_46_Pro.jpg

。H2、H2R
WP_20151108_15_07_49_Pro.jpgWP_20151108_15_08_21_Pro.jpgWP_20151108_15_08_58_Pro.jpg
海外市場向けのカラー。二輪の大型免許はないが、H2は一度乗ってみたいと思う。少し前にドゥカティのパニガーレ899に本気で乗ろうと思ったが、RX-VISIONの発表でどうでもよくなってしまった。でもいずれは乗る乗らないは別にしても大型は取っておこうとは思う。

※それ以外のブースも面白い車が盛りだくさんなのだが、書くとキリがないので【続きを読む】でピックアップした写真だけを掲載します。

まだまだ紹介し足りないが、一通りみた感想は「見ているとどれもこれも欲しくなる(笑)」
いやね、どうしてもスポカーに目がいくんだよ。でも普段目にすることがない外車は目移りすんの。国産にはない品の良さというか高級感があって、それはそれでありかなと思ってしまうわけだ。
働く自動車ブースでは三菱ふそうや日野といった大手の参加が見受けられたが、その中で三菱ふそうのスパイダーという名前の通りにたくさんのアームがついたトラックがひと際目を引いた。【続きを読む】に載せてみたが、こんな建機があったら便利かも。自分が働く業界に結構関係しているので、今回はその手の車も注目してみた。
初めに見たブースがトヨタだったが、新型プリウスが何台も展示されており、どれも人だかりが凄かった。まー何がいいかわからんが、プリウス人気はまだまだ根強いのか。その横でダイハツがなかなか面白い展示をしていた。新型ミラやムーブが展示されていたけど、昔から思うと凄く形が変わったなぁ。
ホンダは車よりも二輪に目が行った。ひねくれ者の自分は優等生っぽいホンダはあまり興味がないが、見た目はいつもながらセンスがいいと思う。でも不思議なことに乗ろうとは思わないんだよ。ヤマハも二輪が多数展示されていたが、選ぶならヤマハかな。でも男ならKAWASAKIなんだよ。そういうもんなんだよ。

約3時間程あれこれ見て回ったが、やはり目当てのRX-VISIONにつきた。それほどインパクトがあったし、実物を見た甲斐があったというものだ。でも、様々な最新の車を見るのも凄く面白いし勉強にもなった。技術の進歩って凄いんだな、と素直に思える。やっぱり日本の車って凄いんですよ。中途半端な外車乗るんだったらぜーったい国産車乗っておいた方がいいと思う。なんだかんだで楽しかったです。
スポンサーサイト

TOKYO MOTOR SHOW2015 RX-VISION編

ブログリニューアル一発目はこの話題から。東京モーターショーに行ってきた。
会社の重役に朝っぱらから呼ばれ、日頃のセクハラ発言でも咎められるのかと思ったら「車好きだろ?チケットあるけど行くか?」とチケットと食事券を貰ったので行ってきたわけだ。最終日の今日まで行くかどうか迷ったが、どうしても次期ロータリーを生で見たくなったので、生憎の雨の中、はるばるお出かけしてきたわけである。
WP_20151108_14_25_44_Pro.jpg

さて、一番の目的であるRX-VISIONなるコンセプトカーについて
WP_20151108_15_47_56_Pro.jpg
車見て涙が出そうになったのは生まれて初めての体験だったよ。2012年に生産終了が発表されたとき、これでもうロータリーは終わったんだ・・・と嘆いたけど、ついに復活の時は来た。現愛車たるRX-8でスポカーは引退するつもりでいたが、次期ロータリーで引退することにしたよもう。
WP_20151108_15_47_28_Pro.jpg
WP_20151108_15_50_12_Pro.jpg
やばい、やばすぎる。本当にかっこいい。
RX-7を彷彿とさせる流線形のフォルムはどれほど見ても飽きがこない。写真を撮って違うブースを回ったあと、再度戻って30分くらい眺めてましたからね。
WP_20151108_15_49_02_Pro.jpg
横から
WP_20151108_15_49_44_Pro.jpg
前からどこから見てもかっこいい。このまま市販してもいいくらいのデザインだよね。
これがRX-7の名を受け継ぐのか、はたまたRX-9として世に出るのか定かではないが、個人的にはRX-9でいいかなと思う。というのも7ってリトラだったじゃない。SA22C然り、FC3S然り、FD3Sも全てリトラだったことを考えるとリトラを採用しないのであればRX-9でいいんじゃね?と個人的には思うわけだ。だが、商業的に”RX-7”の名を使った方がいいのであればそこは甘んじて受け入れよう。俺はロータリーに関しては寛大ですよ!

で、次期ロータリーに期待するもの。当然ながらターボ搭載は最低限ですね。
低燃費とかそんなのどうでもいいです。今まで通りロートルク、ハイパワーでいいです!下なんかスッカスカでいいですよ。馬力も320くらいとか期待しちゃいます。とにかく曲がって速ければいいです。心から望むことはFCやFDのようなスパルタンなスポカーを復活させてくださいということ。確かにエコに越したことはないですが、こやつに限って言えばそんなのお構いなしに攻めていってほしい。ユーノスコスモに搭載した20Bみたいに3ローター行っちゃう?全然構わないよ。

ロータリーを4台乗り継いできた者として、今回の次世代ロータリーの復活は本当に嬉しい。
自分が車に目覚めたのは他ならぬFDの影響によるものであり、今日までMTから降りられないのもまたRXの系譜によるものである。発売がいつになるかはわからないが、来るべきその日を待ちたい。
今までの傾向から言うと初期型は見送って後期型を買うのがベストというのが、ロータリーのある意味正しい買い方ではあったが、このデザインなら新車に特攻したくなる。いや、しちゃうかも。そんなことを夢見ながら一生懸命仕事頑張るんだ。
プロフィール

GO GO LINA

Author:GO GO LINA

リンク
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
最近のトラックバック
FC2カウンター